イタリア・チボリ市について | 株式会社ちぼりホールディングス

イタリア・
チボリ市について

社名の由来となったイタリア・チボリ市について

※ちぼりホールディングス所在地の神奈川県・湯河原町はチボリ市と姉妹都市となっています。

チボリの泉写真
ちぼりロゴマークの由来 “チボリの泉”

チボリ市は、ローマの東約30kmにある、泉と世界遺産の街。古代ローマより保養地として法王や数々の貴族が別荘を構えました。現在、遺跡二つがユネスコ世界遺産に登録されています。街の中心部は、今なおローマ時代の面影を残す、落ち着いた佇まいです。なお、社名の由来となった「ちぼりの泉」も世界遺産であるヴィッラ・デステの中に今日も見ることができます。

チボリ市について

住 所 ローマ郡ラッツィオ州チボリ市(イタリア国)
市 長 ジュセッペ・プロイエッティ市長
人 口 56,500 人
創成期 紀元前13 世紀チボリ発祥、紀元前90 年ローマ市民権を獲得
名 所 チボリのテルメ、ハドリアヌス帝の別荘(世界遺産)、エステ家の別荘(世界遺産)グレゴリアーナ公園、ロッカピア城 他
特産物 ぶどう、トラバーチン(大理石) 他
特 徴 古代ローマ時代からの泉の都市で、皇帝、教皇をはじめ貴族・神官の別荘地として栄える
姉妹都市締結の模様(チボリ市・湯河原町)
TIVOLIの大理石トラバーチンのモニュメント〜友情の証として〜
 ちぼりホールディングス本社 正面玄関
 寄贈:チボリ市姉妹都市 全権特使 リッカルド・ルチアーニ議員他 有志一同