ちぼりグループの歩み

昭和20年代~
(1946年~)

昭和21年~23年(1946年~1948年)

  • 和泉製菓(株) 設立
    空襲焦土の中、 甲府市穴切町に 35坪の仮設工場
  • 飴菓子の生産を開始
集合写真
創業当時の記念撮影

昭和24年~26年(1949年~1951年)

  • 甲府市湯田2,500坪に 工場移転
甲府工場
甲府工場 中央の通り左右
  • キャラメル・ビスケット生産を開始 “王様キャラメル”全国ヒット
王様キャラメル生産風景
王様キャラメル生産風景
和泉ビスケットイベント風景
和泉ビスケットイベント風景

昭和27年(1952年)

  • 神奈川県茅ヶ崎市5,000坪に第二工場 稼働
茅ヶ崎工場写真
建設中の茅ヶ崎工場
茅ヶ崎工場写真
茅ヶ崎工場 写真中央

昭和30年(1955年)

  • ウィンナシリーズ 全国ヒット
ウィンナ商品写真 商品写真
ドラマ「もうれつ先生」全国放送(フジテレビ)
ウインナチョコレートCMソングを
  歌う「スリーバブルス」
集合写真
昭和35年 元旦 和泉製菓時代

昭和38年(1963年)

  • 東証・名証2部上場 本社を東京都 豊島区池袋へ
記念写真
上場を祝した記念撮影
昭和40年代~
(1965年~)

昭和42年(1967年)

  • 和泉製菓(株)・鐘紡ハリス(株) 業務提携

昭和43年(1968年)

  • 神奈川県湯河原町 おみやげ菓子製造・卸の(株)梅屋の営業権を取得し、(株)ちぼりに社号変更
  • 和泉製菓(株)と鐘紡ハリス(株)との合併方針に際し、残留を希望する社員ら、池袋本社および各拠点から湯河原町の(株)ちぼりへ移籍。製菓事業を継続。
  • ちぼり湯河原 本社工場 稼働
湯河原町の工場写真
池袋から湯河原町へ移動当時の本社兼工場
事務所内の写真
まだ初々しい事務所内の様子

昭和48年(1973年)

  • 現在に至る製菓DNAの確立と技術の体系化へ
    樋口浩司(現・ちぼりホールディングス取締役会長)ドイツ・マイスター取得(日本人第一号)
    ※後に永世マイスター受章

昭和55年(1980年)

  • (株)エル・マドロン 設立
    ※マドロン社(ドイツ・ミュンヘン)と業務提携 全国洋菓子店卸事業開始
エル・マドロン写真

昭和57年(1982年)

  • (株)ちぼり インターナショナル 設立 海外輸出入事業開始
  • (株)ちをり 設立 全国和菓子店卸事業開始
商品写真

昭和58年(1983年)

  • (株)カリン・ブルーメ 設立 百貨店・GMS事業開始
商品写真

昭和59年(1984年)

  • (株)ちぼり韮崎 設立・稼働

昭和60年(1985年)

  • (株)赤い帽子 設立
    洋菓子ブランド流通事業開始
赤い帽子写真

昭和61年(1986年)

  • (株)ちぼり甲府 設立・稼働
    ※山梨県の要請にて地場の洋菓子メーカー(株)キネドール・キネヤを救済合併の後、社号変更

昭和62年(1987年)

  • (株)グローバル・ガストロサービス 設立
    OEMコンサルティング事業開始
グローバル・ガストロサービスロゴ
  • (株)菓房赤い実 設立
    ちぼりグループのアンテナショップ事業開始
     ※平成29年神奈川県湯河原町へ店舗移転し、(株)ちぼりスイーツファクトリーに社号変更
菓房赤い実写真 スイーツファクトリーロゴ
平成元年
(1988~)

平成3年(1991年)

  • (株)ちぼりチボン 設立
    和菓子ブランド 流通事業開始
ちぼりチボン写真

平成6年(1994年)

  • 台湾法人 Tivoli TAIWAN Inc.(台灣莉芙萊股份有限公司) 設立
  • (株)ボンデリッシュ 設立 ヴィーナスブランドでCVS事業開始
  • (株)ちぼりパック 設立
    甲府南工場 稼働
ヴィーナス商品写真

平成17年(2005年)

  • ベルギーチョコレートメーカー
    フレデリック・ブロンディール社(ベルギー・ブリュッセル)
    と業務提携
フレデリックブロンディール
  • (株)ちぼりパック 海老名 設立・稼働
平成20年代
(2008~)

平成21年(2009年)

  • ちぼり上海駐在所 開設

平成28年(2016年)

  • ちぼり創業70周年を機に本社屋 起工

平成29年(2017年)

セレモニー写真 スイーツファクトリー写真
  • 本社屋 竣工
  • ちぼり湯河原スイーツファクトリー オープン

令和元年(2019年)

  • (株)ちぼりホールディングスに社号変更
  • 米国法人 Tivoli Sweets America Inc. 設立

※当沿革は、分かりやすい表現を目的に、旧社名、子会社登記や、グループ内合併等につき簡略化しています。